CBD Store

大麻消費ラウンジミシガン州

米イリノイ州とミシガン州、大麻合法化の新州法が施行(Rolling Stone JAPAN)2020年1月1日現在、米中西部の2つの州が合法的な嗜好用マリファナの販売を認めている。今年イリノイ州で新たな法律が施行 … アメリカのマリファナ情報 « 大麻堂ブログ 一方、ミシガン州でも同様の法律が2019年12月1日付で施行された。大麻消費の新時代の幕が上がる中、両州の新州法について、また州法が及ぼす影響について、知っておくべきことを挙げてみた。 ・ミシガン州 アメリカで医療大麻が合法化されている州マップ(地図) | 青空 …

一方、ミシガン州でも同様の法律が2019年12月1日付で施行された。大麻消費の新時代の幕が上がる中、両州の新州法について、また州法が及ぼす影響について、知っておくべきことを挙げてみた。 ・ミシガン州

ミシガン州、12月6日から娯楽用大麻が合法に | 前衛経済

アラスカは、人々がマリファナを吸ったり使用することが出来るラウンジを初めて公式に認可した州ですが、このほどそうしたマリファナビジネスに対する新しい規則を提案したとアラスカ・ディスパッチ・ニュースが報じました。 もし承認されれば、その規則はマリファナ販売業者に新しい

【アメリカ】全米9州の住民投票で大麻が合法化。大麻合法化州 … 全米9州で11月8日、大麻(マリファナ)に使用を合法化する住民投票が行われた。「大麻」とは植物そのものであり、それを乾燥させ、吸引用にしたものをマリファナという。大麻の全面合法化を問うたのが、メーン州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州 大麻産業の1年から2019年を読む 日本人が知らない世界の合法化 … 2018年もあっという間に過ぎ、ついに2019年。あと4ヶ月で平成も終わる。 平成が始まった30年前には想像もしなかったことが、この30年で数多く起こったことだろう。 そのひとつが、いま世界中で相次いで巻き起こっている「大麻の合法化」だ。 2016年、アメリカでは(非合法ながら)大麻の一大

Photo by Bob Doran ミシガン州でレクリエーション目的の大麻が合法化となりました。詳細は以下から。 アメリカ合衆国の中間選挙と同時に行われた投票で、五大湖を面してカナダと接し、あのデトロイトを擁する米国中西部のミシガン州でレクリエーション目的の大麻が合法化されました。

Dec 18, 2019 · アメリカは世界最大のヘンプ輸入国で、大麻草が連邦レベルで合法化される前から、2014年農業法に基づいて複数の州が実験プログラムを展開して